• 文菜華イズムの中には「お客様の健康への責任」があります 「美味しい料理を味わい、人生の喜びを感じてもらいたい」と体にやさしく、素材の持ち味を引き出す万能調味料を開発するというシェフ長年の目標のもと、約1000年前の中国食文化が書かれた文献をヒントに、完成させた唯一無二の液体天然調味料“シェフの雫”。 海・山・畑・川、すべての食材の旨味を引き出し、文菜華の味を表現するうえで大事な調味料としてほとんどの料理に使用いたします。 この調味料を発表後、シェフが“醤”-ジャンの達人や旨味の表現者として、呼ばれるようになる
  • 水を極限まで減らし、塩等一切の味付けはせず、金華ハム、鶏、豚肉の素材から出る「エキス」を抽出し、
    各々の素材の旨味をバランスよく併せ仕上げた、“頂湯(頂上のスープ)”。
    旨味の抽出・表現を得意とするシェフの技が光る珠玉の一品をふたを開けた瞬間に広がる、
    馥郁なる香りとブラウン色に輝くその美しさも併せてご堪能下さいませ。
  • 香港より取寄せた専用の釜で焼物師が丁寧に焼き上げる北京ダックやチャーシューなどの焼物料理。
    鴨は利根川水域で育てられたフレッシュの鴨を贅沢に使用。 国産ならではの皮の厚みがシェフオリジナルの“仕込み醤”によりサクサクのテクスチャに。
    また、この北京ダックの為に考案した約20種を超える調味料からなる“鴨醤”とのマリアージュは至福の一言。
  • 文菜華の店名“菜”の字を意味するほど、文菜華らしい一品。
    自家農園やシェフが実際足を運んで吟味した契約農家より届く味の深い旬の野菜たち
    さらに、千葉や和歌山(黒潮文化が似ている)から届くとびっきり新鮮な魚介類だけを使用し季節野菜と併せた一皿はシェフのコースに欠かせない一品です。
  • 「テーマ:中国食文化とアンチエイジング2012」より
    中国古来の考え方「陰陽五行」をもとに身体を温める効果を持つ食材、香辛料で構成される。さらに料理で使用の香辛料をブレンドし焼き石にのせ「香炉」の役目をさせ、広がる香りを演出。湧き立つ香りで心を満たす効果も同時に狙った皿に仕上げました。
  • 「テーマ:京料理と中国料理の食文化の融合2013」より
    流山の名店「京料理かねき」とのコラボガラディナーで供された椀物(スープ) どちらの料理にもよく使用させる食材“すっぽん=水魚”を京料理伝統の○鍋(すっぽん)の出汁に薬膳の香りとフカヒレを併せ葛餡で仕上げた。
    なお、このレシピは両店の料理長のみが知る門外不出のスペシャリテ
  • 「テーマ:中国食文化とアンチエイジング2012」より
    『生命(いのち)の誕生』をイメージ、表現した一品
    ヒトはアミノ酸から形成され、海より産まれたというところからインスパイア 素材は“鮑”・“牡蠣”・“昆布”  鮑は一夜干しに 牡蠣は煮詰めオイスターエキスに 昆布は油溌で戻しそれぞれのアミノ酸(旨味)を凝縮し複雑な旨味を一つにまとめ。 海のような雄大さと生命の“チカラ”を感じる冬の代表料理
  • シェフオリジナルレシピのXO醤
    食の都“香港”が発祥の中国料理を代表する“醤”-ジャン「XO醤」。
    金華ハムや干し貝柱、干し海老など高級食材を贅沢に使用。
    文菜華のシェフオリジナルレシピにより完成された自慢のXO醤です。
  • 春の味覚 千葉県白子町産「葉玉葱」の万能醤 2014/2/5 NHK BSプレミアム「ぐるっと食の旅 キッチンがゆく」で “醤の達人”として紹介されたシェフが番組内で創作した“醤”-ジャン。 生産者の“春の香りと葉玉葱の白と緑、食感”を表現してほしいという思いをもとに 『春の訪れを感じる色彩と、香り漂う軽やかな食感』に仕上げた春限定の“醤”-ジャン。
  • 文菜華での食事をさらに楽しむために忘れてはならないもの、それは・・・
    セラーに眠る数々の“ワイン” シェフの創り出す料理とのマリアージュを第一に考えて、リストオンするワインは全てシェフがセレクトします。 特別なインポーターから入手するワインも多いため国内、海外問わず入手困難なレアワインも数多く存在

Specialite

トップに戻る