文彩華のメニュー

文菜華の冷凍餃子

中国料理文菜華の一頭挽き餃子、千葉大学が開発した豚肉 「ノンメタポーク100%」使用

千葉大学が開発した豚肉 「ノンメタポーク」使用した冷凍餃子。
「旨味を引き出す達人」シェフNOBUオリジナルレシピの焼き餃子です。
お店で提供していた餃子が好評につき、一頭丸ごと挽肉にした焼き餃子「一頭挽き餃子」(冷凍)として商品化することになりました。
通常の餃子と異なり、ロース、ヒレ、バラなどの高級部位までを100%ノンメターポークを使用して挽いた普通では味わえない格別な美味しいさをご堪能ください。

文菜華の冷凍餃子はオンラインショップで販売中 ノンメタポークとは、最新のバイオ技術から開発された “発酵えさ” で腸内を整え「メタボではない(ノンメタボ)豚肉」という意味のノンメタポークはジューシーな旨味と脂の甘味、さっぱりとした軽やかな口当たりと食後感が特徴の「次世代の豚肉」です。
餃子におすすめ、文菜華 自家製 麻辣油(まーらゆ)
文菜華 自家製 麻辣油(まーらゆ) 厳選した唐辛子と四川山椒で仕上げた
シェフオリジナルレシピの辣油です。

お客様のご要望を多数頂戴し生まれた激辛辣油です。
中国料理はもちろん、イタリアンのパスタやピッツァ、
お肉料理、豆腐料理、麺料理など
ご家庭のどんなシーンにもお使いいただけます。

→ 麻辣油もオンラインショップで好評発売中!!

文菜華の冷凍餃子、ご家庭でできる美味しい焼き方

※ 必ず冷凍のまま調理をしてください。

文菜華の冷凍餃子

食べたい時に冷凍のまま
取り出して焼けるので
ご家庭でいつでも、
とってもお手軽に美味しい
文菜華の味を堪能できます。

① フライパンを先に温めましょう!
  煙がちょっと出る手前ぐらいまでが目安です。
  フライパンに油を塗って冷凍のまま餃子を互いに接触しない程度に
  並べてください。

② 100mlを目安に浸るぐらいの
  お湯または水を回し入れすばやくフタをします。
※フライパンのフタが中が見える透明なものだと、調理しやすいです。


③ フタをして強火で水気がなくなるまで蒸し焼き状態にします。
  最後にゴマ油を少量入れ食欲をそそるきつね色になり
  皮がカリカリになるまで強火で焼いてください。
  水分が少なくなってきたらフタを開けて完全に水分を飛ばす。
※水分が残っているとゴマ油を入れた時に油がはねて危険です。

④ お皿に盛り付けて熱々のうちに召し上がりください。
  焼きたては熱いのでやけどをしないように気をつけて食べてください。
  お好みで塩、醤油等でお召し上がり下さい。


トップに戻る